日経225先物取引はこうして稼ぐ! » お金と生活の豆知識クイズ » みずほ銀行の住宅ローン長期固定金利は1.11%である?

みずほ銀行の住宅ローン長期固定金利は1.11%である?

豆知識

 

 

トレードロジック研究家兼FP技能士のuenoです。
今日の豆知識クイズをどうぞ!

 

 

 

みずほ銀行の住宅ローン長期固定金利は1.11%である?

○か×でお答えください。

 

答えが表示されていない時は下の
”続きを読む”をクリックして答えを
ご覧下さい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは×です。

 

先日、三菱東京UFJのずーっと固定金利コース(期間31年から35年)
の5月の借入金利が1.11%とお伝えしていたので○とお考えに
なった方も多かったのではないかと思います。

 

しかしみずほ銀行の全期間固定プラン(31~35年)の
適用金利は1.53%(5月)です。

 

ちなみに三井住友銀行の20年超~35年以内長期固定金利は
1.59%(5月)となっております。

 

これを知ると三菱東京UFJの同期間の固定金利が突出して
低いことがわかります。

 

元利均等返済で1000万円を35年借りた場合の
月額返済額を比較してみます。

 

1.11%
28,744円
1.53%
30,765円
1.59%
31,061円

 

3000万円の借入なら・・・

 

1.11%
86,232円
1.53%
92,296円
1.59%
93,183円

 

という違いになります。

 

1.11%と1.59%で借り入れたときの支払総額の差を
計算してみます。

 

(93,183円-86,232円)×12か月×35年=2,919,420円

 

実に大きな差ですね。

 

この差額で車を買うも良し、老後の資金に加算しても良い
のではないかと思います。

 

ということで長期固定金利を借りるなら三菱東京UFJを
優先して考えたいところです。

 

ここまでを見てフラット35があるから意味がないと思われた方は
お若い方なのだろうと思います。

 

しかし、35年の期間を借りられない年齢に達している方に
とっては話が違います。

 

フラット35でローンが組めるのは79歳までですが、ここで
取り上げた長期ローンは80歳までローンを組むことができます。

 

月の返済額を抑えたいという方にとっては1年の違いは小さな
違いではないのでそういう事情がある方には有効なローンで
あると言えます。

 

また、三菱東京UFJは団体信用生命保険料込みの金利ですが
フラット35で団体信用生命保険を使う場合は別途毎月の費用が
発生することも見逃せません。

 

ということで団体信用生命保険も考量して住宅ローン選びを
してみてください。

 

 

ランキングアップにご協力お願い致しますm(≧O≦*m) にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

 

この記事に関連する記事一覧

初心者におすすめの日経225先物証券口座
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
岡三オンライン証券
CFD

こんな人はCFDがおススメです!
★祝日も取引がしたい。
★小資金で取引がしたい。

GMOクリック証券【CFD】
******************************
日経225先物とCFD日本225を比較
■【動画】
CFDチャートでサポート・レジスタンスを確認する方法

マーケットステーション

無料で便利なチャートを
使いたいならマネックス証券
がおススメです。
【動画】
無料トレード練習ツールトレード手法の作り方
マネックス証券
マネックス証券

ブログ村