日経225先物取引はこうして稼ぐ! » 裁量トレード手法 » 裁量トレードの為にまず学ぶべきこと

裁量トレードの為にまず学ぶべきこと

今日は私が考える裁量トレードの為にまず学ぶべき
ことをお伝えしたいと思います。

 

 

相場は上がるか下がるかの二通りの動きですから
勝つことはさほど難しくないような気がしますが
実際はそうはならないのが現実です。

 

 

二分の一の確率ですからだいたい一度は利益が
ある状態になるのですが利益を獲得できる間に
決済できずに損失を抱えたろころで決済してしまう。

 

これが多く人が陥る負けパターンです。

 

 

これはどこまで利益を伸ばすかというポイントと
どこで損切するかということをあやふにした
ままトレードする事が大きな要因です。

 

 

それではこの問題を解決するためには何を学べば
良いのか?

 

 

私はこの2つが重要と考えます。
・上昇/下降が止まるポイントの判断
・相場の向かう方向の判断

 

 

上昇/下降が止まるポイントとしては・・・

-水平ライン
-テクニカル

 

が考えられます。

 

 

どちらも時間足が長くなると信頼性が高く
時間足が短くなるにつれて信頼性が低くなる
という特徴があります。

 

 

さらにテクニカルには相場の動きとともに
ラインが移動するものが多いという難点が
あります。

 

 

これで何が困るかというとあらかじめ目安に
していたポイントが移動してしまうという事です。

また、テクニカルは種類が多い分、相場の動きに
与える影響が分散しています。

 

ある人はボリンジャーバンドを・・・
ある人は移動平均線20本線を・・・
ある人は移動平均線25本線を・・・
ある人は一目均衡表を・・・

 

これはほんの一部なのでもっともと分散して
いるとお考えください。

 

 

 

それに対して水平ラインは高値、安値という
選択肢ですのでテクニカルに比べて多くの人が
同じポイントを意識してトレードしていることに
なりまりますから、その信頼度もテクニカルに比べて
高いものになります。

 

 

これも説明を加えておきますと相場は多くの人が
同じ行動をすることでその方向に動きますから
少数の人の行動は多くの人の行動に飲み込まれて
しまうので信頼度のより高いポイントでトレード
することが利益を残すためには重要になります。

 

 

ということで私は毎朝ポイントになりそうなラインを
書き出しています。

 

エントリーする時にはこのラインを頼りに・・・

 

ここでエントリーして利益を出しやすいのか?
どこで利益確定するべきか?
どこで損切すべきか?

 

を決めています。

 

 

このラインの取り方はロジカルFXを参考にして
習得しました。

 

 

またロジカルFXでは相場が向かう方向の判断方法も
学べますので、これから裁量トレードを本腰をいれて
学びたいという人は、ロジカルFXを学ぶことを検討
してみてください。
⇒ ロジカルFX

 

 

ランキングアップにご協力お願い致しますm(≧O≦*m)
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

ランキングアップにご協力お願い致しますm(≧O≦*m) にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

 

この記事に関連する記事一覧

ピンポイントスナイパー
初心者におすすめの日経225先物証券口座
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
岡三オンライン証券
CFD

こんな人はCFDがおススメです!
★祝日も取引がしたい。
★小資金で取引がしたい。

GMOクリック証券【CFD】
******************************
日経225先物とCFD日本225を比較
■【動画】
CFDチャートでサポート・レジスタンスを確認する方法

マーケットステーション

無料で便利なチャートを
使いたいならマネックス証券
がおススメです。
【動画】
無料トレード練習ツールトレード手法の作り方
マネックス証券
マネックス証券

ブログ村